HOME 尾道市立美術館ホームページ > 展覧会 > 次回開催の展覧会

  • 開催中の展覧会
  • 次回開催の展覧会
  • 過去の展覧会
  • 年間スケジュール

尾道市立美術館コレクション展-新収蔵作品を中心に


コレ展ポスター.jpg



企画展「尾道市立美術館コレクション展-新収蔵作品を中心にを開催します。本館のコレクションは、昭和55年(1980)の開館から始まり、以来、尾道市名誉市民の洋画家小林和作の作品を中心に形成されてきました。この小林和作を核に、親交のあった日本画家森谷南人子、そして尾道ゆかりの作品で構成されています。また、日本の現代美術を代表する画家の一人であり、尾道市立大学芸術文化学部で後進の指導にもあたった奥山民枝の作品が今年寄贈され、新たなコレクションとなりました。本展が初公開となります。

その他、小林和作、森谷南人子など尾道を代表する作家の優品を展示すると共に、尾道ゆかりの作品の数々をご紹介します。この機会に、ご鑑賞ください。



会期:令和元年11月2日(土)~令和2年1月19日(日)

開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日:月曜日(ただし、1月13日は祝日のため開館)、年末年始(12/29~1/3)

観覧料:一般/310円 高・大生/210円 ※中学生以下無料

(団体(20名以上)は各50円引)

※70歳以上、各種手帳をお持ちの方は、証明するものを提示により無料



関連事業

ギャラリートーク

※当館学芸員が担当

日時:11月24日(日)、12月15日(日) 14時~(40分程度)

時間:14:00~(1時間30分程度)

対象:一般。参加無料・申込み不要。ただし展覧会観覧料が必要です。

Page Top