HOME 尾道市立美術館ホームページ > 展覧会 > 開催中の展覧会

  • 開催中の展覧会
  • 次回開催の展覧会
  • 過去の展覧会
  • 年間スケジュール

企画展

尾道市立美術館コレクション

描かれた尾道水道

2022年 11月12日(土) ~ 2023年 1月15日(日)

尾道浦絵屏風.jpg林 寅山《尾道浦絵屏風》部分 江戸時代後期 紙本著色・屏風(六曲一隻)

休 館 日 :月曜日(1/9 祝日は開館)、年末年始(12/291/3

開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後430分まで)

観 覧 料 :一般310円、高・大生210円、中学生以下無料
70歳以上・各種手帳(ミライロID可)をお持ちの方は、証明できるものを提示により無料


 

 本館のコレクションは、昭和55(1980)の開館に始まり、以来、尾道市名誉市民の洋画家・小林和作の作品を中心に形成されてきました。この小林和作を核に、親交のあった日本画家・森谷南人子など尾道ゆかりの作家で構成されています。

 本展は、「描かれた尾道水道」をテーマに、中川一政、中根寛など有名作家、そして小林和作の制作の秘密を知ることのできる水彩画・日本画・油彩画による尾道風景の連作などを展示します。

 その他、江戸時代に描かれた林寅山「尾道浦絵屏風」を紹介します。本作は現在と地形が変わらない尾道水道や島々の情景を正確に描写しており、歴史資料としても貴重な作品です。「ベイタウン尾道」創立50周年を記念して修復され、本展が初公開となります。

 小林和作、森谷南人子など尾道を代表する作家の優品を展示すると共に、当館所蔵の作品の中からアーティストがこよなく愛した尾道水道を描いた作品の数々をご紹介します。

 


【協賛事業】

 第16回平山郁夫美術館賞絵画コンクール 作品展示

会期:20221214()2023115()

会場:尾道市立美術館2Fロビー 観覧には本展観覧料が必要です。


【展覧会チラシ】

↓クリックでPDFが開きます。ダウンロードして便利にご利用ください

尾道市立美術館コレクション展

Page Top